top of page

【Video】臨床歴53年のマスター・ヒプノティスト、シェリー・ストックウェル博士インタビュー「ヒプノシス:在るは真実のみ」10/29講演予告編


アメリカを代表するヒプノセラピー(催眠療法)の先駆者のひとり、シェリー・ストックウェル・ニコラス博士



シェリー・ストックウェル博士は、国際催眠連盟IHFの創立者・理事長であり、カリフォルニア州ロサンゼルス在住の、アメリカにおける催眠療法の先駆者のひとりです。

ヒプノセラピストとしての臨床歴は53年に達し、著書は26冊に上り、多くの国で教え、世界中にお弟子さんがいらっしゃるシェリー先生は、太陽のように明るくパワフルな、皆のグランドマザーのような存在です。

国際催眠連盟IHFのサイト⇒ https://www.internationalhypnosisfrderation.com/


シェリー先生は、1970年代~90年代前半頃まで、日本にも教えに来られていました。私大槻は1990年代後半に、フロリダでブライアン・ワイス博士に前世療法を学んで帰国してから、日本に教えに来られていたリンダ・ローズ博士にヒプノセラピーを学びました。そのリンダ・ローズ先生にとっても、シェリー先生は師のひとりでいらっしゃいます。2018年に私がロサンゼルスで開催されたIHFのシンポジウムに出席したとき、同じく出席しに来られていたリンダ・ローズに、25年振りに再会しました。


いずれにしても、アメリカには本当に多くの有能なヒプノセラピストたちが存在し、それぞれに素晴らしい活動をされていて、学会や協会などの団体も多数存在していて、たいへん活気があります。

日本でも、私がセラピストとして活動を始めた25年前と比べると、セラピストの数も増え、だいぶ層も厚くなり、「ヒプノセラピー」という言葉もだいぶ一般に知られるようになってきています。


インタビューでは、日本で催眠療法を教えられていた頃のことを、シェリー先生にお訊きしてみました。

緩い対談形式で、初めてお聴きする内容に感銘を受けながら、概要を通訳をさせて頂きました。

(*ぶっつけ本番の一発撮り、しかも編集無しで、至らない部分もそのままですが、ご容赦いただければ幸いです)



講演タイトルは「ヒプノシス:在るは真実のみ



シェリー先生は、「ヒプノシス:在るは真実のみ、真実以外何もない~ 米国における催眠療法50年の軌跡」と題し、10/29(日)國學院大學渋谷キャンバスで開催される、日本医療催眠学会の第10回学術大会にて、米国より生中継でご講演されます。

このインタビューでは、10/29講演の予告編として、背景の部分をお話しいただきました。


プロフィールやさらなる詳細は、こちらの抄録をご覧ください。






10/29JMHA学術大会ではシェリー先生が米国より生中継講演‼




JMHA第10回学術大会10/29

会場は國學院大學渋谷キャンパス、懇親会有


【テーマ】「Transformation 私たちはいかに進化し、貢献できるか」

【日時】  2023年 10 月 29 日(日) 10:00~18:00

【会場】  國學院大學渋谷キャンパス 130周年記念5号館

【参加費】 会員 6,000円 / 一般 12,000円 ※アーカイブ視聴も同じ

      ※懇親会も準備しております(参加費4,000円 中華ビュッフェ飲み放題込)


*9月末までにお申込(お支払)を完了された方に、「ロケ弁+飲み物」プレゼント‼

*学術大会へのお申込・お問合せは日本医療催眠学会事務局へお願いいたします。





【大槻ホリスティックへのお問合せ】

お問合せフォーム https://www.otsuki-holistic.com/contact


Comments


bottom of page