top of page

3月17日(日)

|

オンラインセミナー

ハートフルネスカウンセリング上級講座

2024年3/17、24、4/7、21(日)16:00~20:30 4.5時間×4回(アーカイブ視聴・再受講可) この講座では、HFC基礎講座で学んだカウンセラーとしての在り方と、知恵と技術をさらにプロフェッショナルなレベルに引き上げます。修了者は「認定ハートフルネスカウンセラー」および「ハートフルネス瞑想入門講座講師」の資格を得ます。

ハートフルネスカウンセリング上級講座
ハートフルネスカウンセリング上級講座

日時・場所

2024年3月17日 16:00

オンラインセミナー

参加者

イベントについて

「ハートフルネスカウンセリング上級講座」【Zoom開催】*アーカイブ視聴有

(ハートフルネスカウンセラーHFC認定コース)

日時:2024年3月17日、24日、4月7日・21日(日) 全4回 時間:16:00~20:30 4.5時間(休憩30分)×4回

受講料: 一般¥88,000税込       

    再受講¥19,000税込  

   *旧セラピスト養成講座修了生はご優待(30%引)にて参加いただけますのでお問い合わせください。

講師:大槻麻衣子(臨床ヒプノセラピスト、大槻ホリスティック院長)

   伊藤みゆき(OH認定ヒプノセラピスト、認定ハートフルネスカウンセラー、産業カウンセラー)

   茜音 弥生(OH認定ヒプノセラピスト、認定ハートフルネスカウンセラー、認定心理士)

ハートフルネスカウンセリング(以下HFC)とは、~エンパシー(共感)を基本としたカウンセリング(来談者中心療法)に、ハートフルネス瞑想(以下HF瞑想)を組み合わせた、最もシンプルに”心の声”を聴くための援助法~です。その基礎を取得した人が、さらにプロを目指すための上級講座です。

HFC基礎講座では、カウンセリングとHF瞑想を、身近な人への援助などに役立てました。この上級講座では、その知恵と技術をさらにプロフェッショナルなレベルに引き上げ、ハートフルネスカウンセラーHFC認定を目指します。

■プログラム

※受講開始までの準備として

   ①各自課題やウィークポイント、どれくらい実践してきたか等のアンケートに回答。

   ②コヒーレンス呼吸法の実践記録をとる(HRVとコヒーレンス値の計測)

Day1:復習(ハートフルネス瞑想)+インテーク講座

   【前半】インテーク:初回カウンセリングから課題の明確化。HFCを有料で実施する場合の確認事項

   【後半】事例検討:1~2ケース用意し、課題はどこか (BO:2人1ケース検討時間5分)

Day2:【前半】インテーク講座

     【後半】インテーク公開実習 (初回カウンセリングからHF瞑想前まで)

Day3:【前半】HFC公開実習(感情/ニーズへの共感)

   【後半】HFC公開実習(HF瞑想とインサイト/アクションプラン)

Day4:【前半】入門講座ができる内容のレクチャ+PPTの提供

   【後半】入門講座の公開実習(ティーチバック)(一人10分以内)

■受講資格

1.対象者:「ハートフルネスカウンセリング」という名称で有料個人セッションおよび「ハートフルネス瞑想」という名称で有料瞑想会等を実施したい方

2.受講条件(確認依頼中):次の(1)または(2)および(3)を満たした者

(1)HFC基礎コース修了者+大槻ホリスティックの旧セラピスト養成講座修了者

 ※基礎コースのみの場合、次の3つの中の2つ以上の条件をクリアしていること 

  ①基礎コースの再受講

  ②「コヒーレンスチャレンジ」の参加または「レジリエンスアドバンテージ」修了者

  ③HFC3回セッションを受ける+HFC個人セッションを5人以上に対して実施(※要ワークシートの記録提出)

(2)その他カウンセラーとして十分な経験と知見があると院長が認めた場合

(3)Mウェーブまたはインナーバランスの所持

■講座の目的

・HFC基礎講座で取得した知識と技術をプロフェッショナルなレベルに引き上げること。

・「ハートフルネスカウンセリング」というタイトルで有料個人セッションを実施できるようになること。

・「ハートフルネス瞑想入門講座」を開催できるようになること。

■認定証発行について

・認定には、すべての課題の提出が必要となります。

■開催方法

オンラインZoom *お申込完了後に当日ズームアクセス情報をお知らせいたします。

欠席されても録画視聴可能です。

FBグループを利用して情報共有をしますので、Facebookに個人アカウントを持っていることが必要です。

4時間半の中で、適度に休憩を挟みます。

このイベントをシェア

bottom of page